- えと缶 -

日々のほとりで。

D5500のこと

 D5500購入から1週間。
 新同品で18-55㎜の付いたレンズキットが税込55800円。
 一応シャッター回数を調べたら250枚しか撮ってなかった。
 これはお買い得だった。

 D5500は一眼レフなのにかなり小さくて軽い。
 しかも握りやすいグリップ形状。
 持ちにくいから、という理由で購入を見送ったカメラは数知れず。
 D5500は久しぶりに、このグリップだけで買いたいと思えるカメラ。

NKN_0589.jpg

 一通り撮影してみて、操作も慣れてきたし、クセも分かってきた。
 なんせ、元々持っていたDX35mmF1.8Gは手振れ補正がないから、
 オリンパスに慣れ親しんだ身には辛い。
 今までよりもシャッタースピードを考えないとダメだ。

 色みについても最初はやっぱり狙った色が出せなかった。
 D7000を持っていた時に設定したピクチャーコントロールファイルを保存していたので、
 それを登録して、もう一度カスタマイズした。
 こういうところが簡単にできるのはよく出来ているなぁ。

NKN_0500.jpg

 D7000の時も思ったけど、光学ファインダー越しに撮るのは楽しい。
 でも、子どもや花を被写体にしようとすると、ミラーレスがいい。
 これは間違いない。
 購入に踏み切った理由は2つ。
 ・グリップがよかったから。
 ・思い通りに撮れないのを楽しみたいから。

 昨日は試運転、今週末は初運転の気分。
 D5500とレンズ2本だけでどんな写真が撮れるか楽しみだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する