- えと缶 -

日々のほとりで。

LUMIX G 45-175㎜ F4.0-5.6で撮ってきた(後編)

 丸亀散歩も終盤、商店街を歩きます。
 今回もカメラは「E-M1」、レンズは「LUMIX G 45-175㎜ F4.0-5.6」です。

 商店街といっても、町並みではなく花の写真を中心に撮りました。
 人の入った写真を撮るのが苦手なので
 人の少ない丸亀の商店街が寂しくも好きなのです。 
EB290221_2_2.jpg

 天守閣を含めて、たっぷり3時間撮り歩いたので
 だいぶ望遠ズームにも慣れてきた気がします。
EB290225_2_2.jpg

 ズームレンズでも単焦点レンズでも
 撮りたいイメージが浮かべば
 あとはそれに向けて設定するだけですね。
EB290209_2_2.jpg

 スナップする時に心掛けていることは、後戻りしないこと。
 最初の1枚にこそ真実が写っている、という言葉が
 ずいぶん前に読んだ本で学んだことです。
EB290212_2_2.jpg

 少し見方を変えれば風景に溶け込んでいた特別なものが見えてくる。
 これは写真を始めて、一番大きな気付きでした。
EB290216_2_2.jpg

 どんなレンズを使ったとしても
 写真を撮る人の感覚が変わらなければいつもと同じ写真です。
 ということは、どんなレンズを使っても
 自分らしい写真が撮れるということだと思います。
EB290226_2_2.jpg

 それでもレンズを交換するのは
 自分の中のスイッチを切り替えて新鮮な気持ちで
 被写体と向き合える、というのが理由のひとつではないかと思うんです。
EB290232_2_2.jpg

 考えながらたくさん写真を撮ること。
 趣味なのだから自己満足でいい、自分が好きと言える写真を撮る。
EB290246_2_2.jpg

 退屈な日常なんてどこにもないんだと、
 写真は教えてくれました。
EB290280_2_2.jpg


 さて、また丸亀城のお堀まで帰ってきました。
 これで丸亀散歩も終了。

 ですが、実はこの時もう1台カメラを持っていたんです。
 そちらは広角ズームレンズが付いていました。

 次回は同じ道筋を、性質の異なるレンズで撮り歩いた一部始終を
 書いてみたいと思っています。

 一応、おしまい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する